iCloudは最初は無料で、最終的には年間25ドルの有料サービスになるかも

LA TImesによると、Appleが6月6日に発表予定の音楽配信サービス「iCloud」は開始時は無料で利用できるが、最終的には年間25ドルの有料サービスになるそうです。25ドルの内訳は70%がレーベル、18%がパブリッシャー、残りの12%がアップルの手数料となっている。無料期間がいつまでかは判明していません。

From latimes

未来のiPhoneはカレンダーがスケジュールをおしえてくれるよ

iPhoneのカレンダーはGmailに時間と場所を登録しておけば、その日の数時間前にアラームを出してくれる。しかし未来のiPhoneは現在のGPS情報、訪問場所の天候、道路等の交通機関の運行状況を踏まえた上で最善の情報を教えてくれるすぐれものだそうだ。

AppleのiCloudはユーザーのHDD内にあるiTunes Musicライブラリーを自動スキャンして、クラウドサーバー上にクイックミラーする

BusinessWeekによると、AppleがWWDCで発表する予定のiCloudはユーザーのiTunesMusicライブラリーを自動検知し、クラウドサーバー上にクイックミラーするそうです。また、その音声ファイルはローカルファイルが低圧縮のファイルでも強制的に高圧縮ファイルに自動リプレースされます。

From BuisinessWeek

Apple、iTunes Cloudサービス「iCloud」を6月に開始するかも

The Ecconomic Timesが取材した複数の関係者への取材によると、Appleが来月開催予定のWWDCで同社のミュージッククラウドサービス「iCloud(仮)」を立ち上げるそうです。アメリカの4大メジャーレーベルのうち3つと契約が完了しているAppleだけに、かなり信ぴょう性が高いと思われる。

From economictimes