スチームボーイ

スチームボーイhttps://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

大友監督最新作『スチームボーイ』。
制作期間9年、総制作費24億、作画枚数18万枚の
壮大なプロジェクトになってしまった作品だ。
当初は、00年公開予定やら、
03年9月公開予定やらと言われきたが、
伸び伸びで04年9月公開予定に。
ところが、『ハウル』が9月に飛んだ余波を受け、
急遽7月公開(館を埋めるため)と、
公開時期が二転三転したあはれな作品。
そもそも、もっと早くに完成するはずだった。
しかし、こだわりがありすぎて間に合わないとか、
ストーリーが収まり切れず延長とか、
ラスト30分がどうしても制作が間に合わず、
そのために1年間公開が遅れてしまったという話も聞く。
だが、テレビアニメでは30分枠を毎週放送するわけで。
「何故30分ぽっちでそんなに延びるのさ」と正直思っていた。
しかし、実際に見てみて(仮ミックス版だが)
クオリティが全然違うということを痛感。
蒸気のシュワーっという感じ、
飛んでいる鳥の羽の一枚一枚までめちゃめちゃ凝っている。
ストーリーはとてもシンプルでわかりやすい冒険活劇物。
「科学は何のためにあるの?」みたいな。
以下ネタバレ注意

続きを読む

宮部みゆき「理由」ドラマ化(いけね間違えた)

宮部みゆき「理由」ドラマ化(いけね間違えた)https://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

テレビ局の新番組発表会が続く今日この頃。
WOWOWの会見に行ってきた。
なぜかって?
藤原紀香が出るからです。
って、私は別にファンではない。

場所は恵比寿の高級ホテル

他局は自社の会議室なんてのも珍しく無い中、
金かかってます。それだけ気合が入っているんでしょう。
招待状も、赤い羽根入りで、
えらく豪華なハコに入って送られてきた。
部署に4通くらいきたので、
バイト君は仕分けが大変だったろうに。

なんといっても今期の目玉は
「アカデミー賞生中継をノリカと内藤剛志が司会で行う」
ってことで、壁紙など会場が赤一色。目が痛い。

まずは、中西哲生とWOWOWのアナウンサーが
・UEFA2004(欧州サッカー)の中継もやりますよ!
・宮部みゆきの『理由』、金城一紀の『恋愛小説』の
ドラマ化をしますよという報告を延々と。

続きを読む

イノセンス

イノセンスhttps://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

【ネタばれ注意】

ジャパニメーションの代表として世界にその名を
刻む士郎正宗原作・押井守監督の
攻殻機動隊GHOST IN THE SHELL』から
約10年。前回は素子が主人公で「人形使いと戦う」
ストーリーだった。

イノセンス スタンダード版
士郎正宗 押井守

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2004-09-15
売り上げランキング : 411

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今回は、草薙素子のパートナーであるバトーが主人公。
人形使いとの戦いで姿を消した素子の記憶とともに、
暴走を始めたロボットの事件を追う。 

人間と人形はどこが違うのか、魂の有無か。
悶々と自分の存在意義を問うバトー。
押井独自の手法を駆使しながら「人間と人形の差とは?」
という哲学的な問いを投げかける一本。

続きを読む

妄想代理人

妄想代理人https://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

18時50分、新宿の雑踏を全力疾走する2●歳OL。端から見るとどうかと思うが、これには理由がある。 18時半ごろ、一枚の試写状をデスクから手渡され「これ、ちょっと見てきてよ」と言われた次第。私のとこにも着ていて、捨てたのに。しかも、開演19時なのに…。 run.jpg

続きを読む

第130回芥川賞・直木賞モノ舞台裏(下)

第130回芥川賞・直木賞モノ舞台裏(下)https://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

続いて、直木賞会見。
やっと「通常の会見」ぽくなった。
綿矢狙いのマスコミも帰ったし。
京極氏は「痛快娯楽小説をかく職人と自負しているので
生み出すことが重要で、受賞はあまり気にしていない」と
飄々と語った。
蔵書数を聞かれると「1万5千から2万。5000の誤差は
どうかと思いますけど(藁)。小説を書くため、とか
何かの目的のために読むのでなく、純粋に読みたいものを読む」。
カッコいい。でも、そんな暇あるんですか?

続きを読む

第130回芥川賞・直木賞モノ舞台裏(上)

第130回芥川賞・直木賞モノ舞台裏(上)https://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

行ってきました、東京會舘。
芥川・直木賞は築地の料亭で選考会・発表
その後ステージ移動して会見は東京會舘なのです。
築地には行けず、20時頃にT氏から「決まったよ」の連絡が来た。
すっ飛んでいったのだが、妙に混んでいて到着したのが20時半。
でも、その後ラッキーなことが。
私の次に到着したタクシーを出迎える入り口の人達。
なんだろうと思ったら、受賞者陣だった。
江国さんと綿矢さんが同時に到着。
そのままエレベーターも彼女達と一緒。

続きを読む

ロシア娘。

ロシア娘。https://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

1日のコンサートの模様が各方面で
さんざっぱら叩かれているが、
2日目の公演に行ってきた。>t.A.T.u 
ロシア語だとTATYなんですよ。
tatoo.jpg
どっちがジュリアでどっちがレナなのか
個体識別すら覚束ないまま東京ドームへ。
会社を出る直前にアポが入ってナチュラルハイのため
道すがらスキップ。(←連れの視線が痛い)
チケットには「24ゲート」と書いてあるのだが
閉鎖されており、正面の22ゲートからの入場。
無駄にドームをほぼ一周。
座席も、40通路のはずが、人が多く入っているように
見えるようにという演出の都合で、チケットを振り替えて席替え。
アナウンスが十分でないから、入場してから
振り替えがわからずうろうろ。
仕切りがいまいち。

続きを読む

初・てもみん

初・てもみんhttps://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

肩凝り&腰痛からくる偏頭痛。
別部署の先輩が、かつてマッサージ屋でバイトしてた
ということで、応急処置的にジュース一本で
お願いしたのだが。
中途半端に施術してもらうと物足りない。
また、衆人環視の打ち合わせスペースで
マッサージで骨抜きにされている間抜け面を
さらすのも、よろしくない。
通りかかりの人に「いいことやってもらってんね♪」と
声かけられまくり。
そこで、会社の近くの「てもみん」に
夕方に20分抜け出して行ってしまった。
のほほん。
temomin.jpg
最初は10分コースでお願いしたのだけど、
案の定「延長おねがいしやーす」(骨抜き声)。
現在壮大な「待ち」に突入。急に暇に。
やるべきことはあるのだが、ボーっとしていたい。
忘れてた。
今日って『憂国忌』(三島由紀夫追悼の日)じゃん。
って、どうでもええけど。

米国・ニューオーリンズから帰国

米国・ニューオーリンズから帰国https://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

何故そんなところに行ってたかというと。
ジャズの町じゃないですかってことでお茶を濁す。
米国に行くのは小学生のときにホームステイして以来実に14年振り。
大学のときは完全に東南アジア派。やっぱりアジアがいい。
観光してきたところをざっと書きますると

続きを読む