最新の薬はemai経由で、3Dプリンターを使って印刷し処方されるそうです

最新の薬はemai経由で、3Dプリンターを使って印刷し処方されるそうですhttps://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

未来だ

世界初、移植可能な人工腎臓が開発される

世界初、移植可能な人工腎臓が開発されるhttps://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

これで透析しなくてもすむ患者が増える。臨床実験を5年から7年後に開始するとのこと。
From Dailymail

3D映画は頭痛を引き起こす可能性があると専門家

3D映画は頭痛を引き起こす可能性があると専門家https://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

ノースウェスタン大学眼科のマイケルローゼンバーグ博士によると、3Dテレビを見たあとで軽い眼精疲労になる可能性があるそうだ。
From Reuters

オレゴン州、ポートランドに全米初の医療患者専用マリファナカフェがオープン

オレゴン州、ポートランドに全米初の医療患者専用マリファナカフェがオープンhttps://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

オレゴン州、ポートランドに全米初の医療患者専用マリファナカフェがオープンした。これは医療目的で大麻を利用する患者が、公共の場で利用するためのカフェ施設だ。オバマ政権が掲げる、大麻の医療目的使用における緩和政策の成果でもある。
表向きには普通のカフェクラブだが、入店条件はオレゴン在住の人で、オレゴンNORML(The National Organization for the Reform of Marijuana Laws )の会員で、なおかつ医療用大麻使用許可証をもっている必要がある。月額25ドルを支払えば医療目的用途の大麻が無料でバーテンダーから処方される。また、そこでは食事も一緒にとることができる。ただし、アルコール類は置いていない。大麻の売ることなどは、もちろん法律に触れるので出来ない。
オレゴンでは医療目的での大麻を利用する登録患者が21000人いる。それはアルツハイマーや糖尿病、多発性硬化症などの慢性疾患から来る痛みを、和らげるために使用する患者だ。
「このカフェは個人的自由の象徴だ。我々ついに成功した」と語るのは、大麻の合法化を推し進めているオレゴンNORMLのマデリーン・マルチネス事務局長。
ただ、ラドクリフ利用疑惑のような不正使用で利用する人と医療目的に利用する患者との見極めが不透明な気がする。そもそも医療目的なら病院でいいと思う。
From reuters