iPadが採用する電子書籍規格「EPUB」とは?

iPadが採用する電子書籍規格「EPUB」とは?https://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

アメリカの電子書籍推進団体であるInternational Digital Publishing Forum(IDPF)が推進している電子書籍ファイルフォーマット規格のこと。今回Appleから発表されたiPadの標準規格に採用されたことで俄然注目を浴びている。他のeBookリーダーで採用しているのはBarnes & NobleのNook、the Sony Reader、 iRex Digital Reader、iRiverのStory

iPhoneの電子書籍アプリ「Stanza」がEPUBを採用している。
マックユーザーならフリーのEPUB生成ソフト「Calibre ebook management tool」が利用できる。この「sigil」もマック用のフリーソフトだ。
ちょっと金額をかけても良いユーザーなら「iStudio Publisher」が49.99ドルと手頃な値段だ。このソフトなら本格的なEPUBファイルを生成することができる。しかし、このソフトで写真や図表がファイルにインクルードされるかは自分で体験版を入れて試してみれ。
644ドルもする高価なエディター用ソフト「Adobe InDesign CS4 」ならデフォルトでEPUB出力機能がついているので、持っている人はラッキーだったな。
ただAppleはこの書籍ファイルにDRM機能を仕掛けてくることが考えられるので、上記で作成したデータも最悪iPadで読めないなんてこともあるかもしれない。いずれにしてもデバイスがないとトライ&エラーが出来ないのでなんともいいようがない。しかし、漫画や印刷時の設定など高機能の設定がAppleによって策定されるであろう。それはEPUBにとってもいいことだと思われる。
どちらにしても日本でiBookstoreが開始されるのはまだ当分先のことだ。それに日本で先行販売しているkindleでさえまだ権利処理が完了していないため、日本語の書籍が未発売ときている。

じゃーkindle買った奴は英語の本読んでいるかと言えばそうでもない。彼らは有り余る資金にモノを言わせて高価な裁断機とImageFORMULA DR-150のような高機能スキャナーを購入し、今販売されている本を手前勝手にスキャンし独自ライブラリーを構築しているのだ。
あんまりもたもたしていると日本でサービス始めるときにはみんな手前で電子化しているのでいりません、なんてことになりかねないですよ。
From TUAW

iPadが発表されたからeReaderを比較してみよう

iPadが発表されたからeReaderを比較してみようhttps://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

paidcontentがiPad、Kindle(Amazon)、nook(B&N)、Reader Daily Edition(SONY)、Que(PlasticLogic)どれが最強か総合比較したようです。値段的にも魅力なのはやはりiPadだな。っていうか一番かっこいいー。

  アップル
ipad
アマゾン
Kindle 2
アマゾン
Kindle DX
B&N
nook
Sony Daily Edition Plastic Logic
Que proReader

リンク

ipad

Kindle2

Kindle
DX

nook

Sony Daily Edition

Que

利用可能時期

2010年3月(Wi-Fiオンリー)
4月(Wi-Fi/3G)

Now

Now

Now

Now

4月中旬

価格

WI – FI:
$ 499〜699
3G/WiFi:
$ 629〜829

$259

$489

$259

$399

WiFi/4GB:649ドル
WiFi/3G/8GB:799ドル

寸法

厚さ 0.5インチ

8 × 5.3 × 0.36インチ

10.4 × 7.2 × 0.38インチ

7.7 Xの4.9 × 0.5インチ

8.13 × 4 × 19/32インチ

8.5 × 11 0.33インチ

重量

1.5ポンド

10.2オンス

18.9オンス

12.1オンス

12.75オンス

17オンス

画面
サイズ

9.7インチ

6インチ

9.7インチ

6インチ

7.1インチ

10.5インチ

ディスプレイ

バックライト付きIPSカラー液晶

白黒

白黒

白黒、カラーnavi

白黒

白黒

タッチスクリーン/回転

Yes/Yes

NO/NO

No/YES

YES/NO

YES/YES

YES

バッテリ寿命

11時間

WiFiで7日間

WiFiで7日間

10日

WiFiで7日間

N/A

ストレージ/拡張

16GB、32GB; 64GB/NO

2GB/NO

4GB/NO

2GB/Yes
microSD

1.6GB/Yes(メモリースティックDuo / SD)

4GB、8GB/NO

入力

タッチスクリーン/ソフトキーボード(ワイヤレスキーボード使用可能)

キーボード

キーボード

バーチャルキーボード

スタイラス/バーチャルキーボード

タッチスクリーン/バーチャルキーボード

キャリア/ブルートゥース

3Gは、AT&T/WiFi3G予定:250メガバイトまでが$15で、無制限$30

10月22日までは、Sprint社の3G、今はAT&T 3G/なし

3G (Whispernet/Sprint)

3G (AT&T)/WiFi

3G (AT&T)/WiFi

3G (AT&T)/WiFi/Bluetooth

国際

3GのSIMフリー

3Gのローミング(AT&T)

3Gのローミング(AT&T)

NO

NO

N/A

フォーマット

Kindleフォーマットはアプリで対応。MP3

Kindleは(AZW)、TXTファイル、Audible(フォーマット4、Audible Enhanced(AAX)、MP3、MOBI、PRC、PDFビューワー

Kindleは(AZW)、PDFビューワー、TXTファイル、Audible(フォーマット4、Audible Enhanced(AAX)、MP3、 MOBI、PRC

EPUB, eReader, PDFs, MP3s, JPEG, GIF, PNG and BMP.

EPUB, PDF, JPEG, BBeB, TXT, RTF, JPEG, PNG, GIF, BMP , MP3, AAC

Native PDF, GIF, JPEG, PNG, BMP, ePub, and TXT; Will work with Office,
HTML via Que software

プラットフォーム

オープンサードパーティデベロッパー

NO SDK

NO SDK

CLOSE

OPEN

CLOSE

ブラウザ

YES

YES

YES

NO

NO

NO

利用可能コンテンツ

iBookstore未定、Kindleショップ、 iPhoneアプリ

40万冊以上の本、130以上の新聞と雑誌、8000のブログ

40万冊以上の本、130以上の新聞と雑誌、8000のブログ

35万冊の本、パブリックドメイン、約30の新聞社、雑誌

パブリックドメインとパブリックライブラリー

35万冊の本、
パブリックドメイン

書店

iBookstore

Kindleストア

Kindleストア

Barnes&NobleのeBookstore、Googleブック検索

ソニーの電子ブックストア(EPUB)で、Google書籍を変換

QUEreader.com(Barnes&Nobleの利用)、ダウジョーンズ、他の定期刊行物。

本の貸し借り

N/A

Kindle端末間で可能

Kindle端末間で可能

14日間

NO

NO

マイク/スピーカー

YES/YES

NO/YES

NO/YES

NO/YES

NO/YES

NO/NO

 From paidcontent

NTTドコモ、iPad用のSimカードを販売へ

NTTドコモ、iPad用のSimカードを販売へhttps://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

iPadに特化したsimカードだけではなく、音声用のsimカードの販売も検討しているとのこと。結果的にNTTドコモの販売戦略をappleが変更した形になるな。海外では一般的なsimカードを様々な携帯端末に変更して利用するルールが日本にもいよいよ上陸することになる。
From 読売新聞