経歴詐ショーンK

名著がバカ売れwwww

お前ら、Kさんのコラ画像でショーン便小僧とかやるなよ?絶対だぞ?

うおー

No tags for this post.

昔のこと

帰郷するたびに言われるセリフがある。
「お帰りはおひとりですか?」
一度だけ、「2人で…」とボケたら、
騒然となったことも。
余計なお世話だとも思いつつ、
親戚縁者でも、25歳Overで独り身なのは、
なんとオレだけとなってしまった今日この頃。
盆や正月といった、大量の人員が集まる時期には、
確かに手持ち無沙汰というか、何やらこころもとないのも事実である。
結局毎回、子どもたちのお相手に奔走する羽目になるのだけれども。
おかげさまで、幼児と老人には大人気です。
ま、田舎は婚姻ごとが早め早めではあるのだが、
ちょっと帰省期間を長めにして滞在していると、
なんだか、結婚時期が遅い首都圏の方が異常なのでは…と
洗脳されてくる。
そして今回、昨年結婚の(結婚式では私が友人代表スピーチもした)
最親友におめでたが発覚。
まだ妊娠8ヶ月ながら、すでに名前まで決めている幸せ街道ばく進のご様子。
周囲の幸せっぷりを眺めつつ、素直に祝いたい気持ちは湧いてくるんだが、
自分がそちら側のプレーヤーになろうとはあまり思えてこない。
別に女性が嫌いなわけではない。むしろ大好きであります。
余談だが、以前真剣な顔で
「ずっと男色系なのかと思ってました♪」
と言われたことがある。
いや拙者、ノンケですから!つーかそんなツッコミは期待してませんから!
ただ、躊躇なく問答無用に相手を好きになることには抵抗がある。
トラウマというか何というか。
大学三年の秋、そう、21の秋ですね。そこで体験したことが
未だに尾を引いているんだろうか。
若かった、ただひたすらに若かった、それも紛れもない事実。
されど、それゆえに刻まれた衝撃は、あまりに重かった。
時計をさらに巻き戻すとしよう。
彼女との出会いは、大学一年の夏。
「稲妻に打たれた」
なあんて陳腐な表現が、己の身に降りかかろうとは。
彼女をひと目見た瞬間から、
もうヤラレてたのですな、これが。
たまたま学部が同じで、共通の知人もいたせいで、
そのうち一緒に授業受けたり、ゴハン食べたりが当たり前になっていった。
好きな作家とか、聴く音楽とかもモロかぶりで。
モノゴトの考え方とか、大事にするモノとか、要は価値観的なものが
結構近いのもあって。
一緒にいるだけで楽しくて仕方がなかった。
でも、彼女と一緒にいられるのは、ほんの短時間。
休日のデートなどはあり得なかった。
そう、彼女には素敵なカレがいた。
2つ年上のカレは、スポーツ万能で頭もキレる。
男のオレから見ても、抜群のイケメンだった。
彼女がカレの自慢をするたび、
彼女がカレの不満を口にするたび、
オレは顔だけ笑っていた。
こんなに近くにあっても、決して届かないこの感情。
それでも、自分の好きなコの側にいられるだけで
十分なんだと言い聞かせて。
とはいえ、カレの誕生日プレゼントの相談とかは
発狂しそうになったりもしつつ。
そんなこんなで2年近くの月日が過ぎていった。
その間、オレはオレで何人かのコと付き合ってはみた。
皆いいコで、可愛かったと思う。
でも若すぎたオレは、どうしても彼女とくらべてしまっていた。
知らず知らずのうちに。
そして愛想を尽かされる、というパターンの繰り返し。
もったいない。
「また振られちゃったよー」
と彼女に言うと、
「どうせ高望みすぎるんでしょー」とかいうツッコミをされたり。
オレの望みは…口に出せるはずもなく。
この関係を、側にいられるこの状態を、
壊してしまうことだけはしたくなかった。
そんな大学三年の初夏だった。
「私…カレと別れたの」
「は?」
いくつになっても、アドリブのきかないオレ。
「浮気されちゃった。どうしても許せなかったの」
「な…なんでこんな可愛い彼女がいながら」
「カレは向こうから誘ってきたって言ってるけど、関係ないよね」
「まあな。結果は同じだからな」
これほど、さみしそうな、哀しそうな彼女を見るのは初めてだった。
でも、、、そんな彼女さえも綺麗だと思ってしまうオレがいた。
「ま、男は星の数ほどいるから、元気だしなよ」
「ふふ。ありがと。キミが私のカレだったらよかったのにね」
             キター
             キター
             キター
「はは。心にもないこというんじゃねーよ」
内心はガクガクブルブルだった
彼女の心に空いてしまった穴が言わせたセリフだったしても、
オレにとってはヘビー級の右ストレートだった
「冗談なんかじゃ、、、ないんだけどな」
非常事態発生です、姐さん!
もう当方の処理能力では対処しきれません!
至急応答願います!
なんだこの展開は。
昼ドラかこれは。
ホントにいっぱいいっぱいな状況に、オレは笑って誤魔化すしか
為す術がなかったのだった。
その場は黙って別れた。
「ずっと前から、会ったときから好きだった」
とでも言えばよかったのか。
彼女だって、別れたショックから冷静さを欠いていたに違いない。
あそこで無理に急展開させたとして、
今の関係をぶち壊すのだけはなんとしても避けたかった。
しばらく、考える日々が続いた。
長く一緒に居すぎたせいで、
今さら告白なんぞ、できそうもない。
オレは手紙を書いた。
分量にしたらそう、原稿用紙4,5枚になるんじゃなかろうかと
いう物凄い長さ。
自分の彼女に対するこれまでの思いをただひたすらに書き連ねたものだった。
さてこれをどうするか。
思い余ったオレは、なんと彼女に渡してしまう。
「ちょっとコレ読んで」
「なんなの改まって」
「いいからいいから」
「ちょっ…えっ…」
無言で手紙に目を落とす彼女。
時間がひどくゆっくり流れてる気がした。
「なんとなく分かってた」
「へ?」
「とっても嬉しい」
「そう」
「次の日曜日、どこ行く?」
それが彼女のOKサインだった。
夢にまで見た光景が、オレの前に広がっていた。
ずっと好きだった女性が、
オレだけを見ている。
信じられなかった。
だが、それは確かに、信じてはいけない日々だったのである。
付き合いだしてから3ヶ月、ある噂を耳にすることになる。
・・・続きを読む

うおー

No tags for this post.

井川りかこ本人降臨す

全米が泣いた、
あの伝説のスパマーこと井川りかこ氏が、
SNS「mixi(ミクシィ)」上にて発見されました。
何やら壮絶な人生の悪寒ですが、
生暖かくウオッチしようと思います。

うおー

No tags for this post.

酒と泪と菊間とNews

今夜オレに声をかけてきた女。
その名は貞子。
某ホラー小説のキャラとは違い、
ちゃんと生きている女性だ。
貞子はパッと見20代後半の中肉中背。
ワインレッドがよく似合う。
女性に年齢を尋ねるほど無粋ではないのだが、
「私、今年で42になっちゃったのよね・・・」
と貞子。
驚きのあまり口がきけないオレ。
「28くらいかと思った・・・本当?全然見えないよ」
微笑む貞子。
「バカねえ、体重の話よ」

うおー

No tags for this post.

そして伝説へ…「スターウオーズEPISODEⅢ」

日付が変わったばかりのヒルズに降り立つ。
根本的に田舎モノの私にとって、
いつ来ても落ち着かない街だ。
しかし、本日のミッションをこなすためには、
ヒルズを避けては通れない。
そのミッションとは、、、そう、
スターウオーズ6部作の終幕を見届けること。
第一作目となる「エピソード4」から28年。
ほぼわが人生と共に歩んできたかの年月を重ねた大作。
ついに伝説はエンディングを迎える。
そう、ついに彼が誕生するのである。
黒き悪魔、ダースベイダーが。
劇場に乗り込むと、
そこは既に宴の様相を示す。
色とりどりのライトセーバーを振り回す者。
ベイダーやヨーダのかぶりもので徘徊する者。
人間の数が尋常ではない。
少し時間があるので、
グラスワイン(白)なんぞを買い、
予約した席に座る。
バージンシネマ六本木は、半年振りくらいの訪問。
前の席との間隔が丁度良く、
前方にでかい御仁が座られたとしても
鑑賞のさまたげにならない。
この点だけでも価値ある劇場だ。
だが、今夜ばかりは勝手が違う。
着席してもライトセーバー振り回す患者さんが多数。
おいおいおいおいおい…
「いい加減にしろ」
と脳内でツッコむものの、
逆ギレされてもアレだなあ…ととりあえず放置。
そして場内の照明が落ち、、
場内、万雷の拍手炸裂。
期待と興奮に包まれる。
全体で2時間ちょっと。
こっちは、いつアナキンが
ダークサイドに堕ちるかでドキドキなのですが。
戦闘機のバトルとか、SFX使いまくりシーンが長すぎ。
確かに凄いんだけども。
もっと、こう、アナキンinto the drakside worldまでの
葛藤とか、権謀術数とかを丁寧に追ってほしかった。
冗長な戦闘シーンで、肝心のストーリー部分に駆け足感が残るものの。
エピソード4で語られる展開へつなげるために
いかにもっていくか、というルーカスの豪腕はさすが。
アナキンがダークサイドに堕ちるきっかけは、
パドメだったんですね。。
愛する者を救うために、闇へ身を投じることに。
しかし、結局は、、、その想いがパドメを殺すことになるという。
Love Is Blind でゴワス。
せつない。
だが、それだけではベイダー卿のあの姿は説明がつかない。
そこで登場するのが、アナキンVSオビワンのラストバトル。
これも長いんですが。
最後の舞台が溶岩惑星、ってことで展開はなんとなく
予想がつくんですが。
「選ばれし者だったのに!」
とアナキンをぶった斬るオビワン。
エピソード6で皇帝を倒すのはアナキンなので、
結局はシスを討つ選ばれし者ではあったわけですが。
師との戦いに敗れ、無残な姿となるアナキン。
ベイダーが例の不気味な呼吸音をかますようになる
理由もここで語られます。
しかし、まさか全身が機械化されていようとは。。。
びつくり。
びつくりといえば、やはり今回も健在のこの御方。
最強のジェダイはやはりヨーダをおいて他には。
個人的には4刀流でライトセーバーを振り回す(でも弱い…)
グリーバス将軍がツボ。
82A882A8.jpg
登場キャラにこの人がいなかった(まあ当然だが)のが
少し残念。
でもま、本作見ると、絶対4~6もっかい見たくなるす。
後半3部作入りDVDボックス買っちゃいそう。。。
って 6500円かよ!安っ。
つい。。か、買っちまいました
スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOXスター・ウォーズ トリロジー DVD-BOXposted with amazlet at 05.07.04 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005/06/25)
売り上げランキング: 4
おすすめ度の平均: 4.474 やはりEP6の修正部分が
5 時代の時空を超えてスターウォーズに世界が広がる!
1 スターウォーズ大ファンがつける星1つ
Amazon.co.jp で詳細を見る

うおー

No tags for this post.

映画三連発その1「ザ・インタープリター」

あちぃ。
一部報道によれば
摂氏33度にも達したとか達しないとか。
あまりの暑さに、自宅療養中。。。
夜の社長会合に備えて、というのもありますが。
さて、新宿コマ劇前には、
ライトセーバーを片手に、
今夜先々行オールナイト公開の
スターウオーズEP3待ちをしてる人々が既に多数。
その無法者というか、この暑い中よく
ダースベーダーのコスプレなんかやるねぇと
ある意味尊敬のまなざしを送りつつ拙者は
「バットマンビギンズ」へ。
とここまで書いて、タイトルが「インタープリター」なのに気づく。
そうでしたそうでした。
ここ最近で見た映画の感想なんぞを連続更新しようと思ってたのでした。
バットマンは最後っつーことで。
さてインタープリター。
直訳すると通訳ですかそうですか。
内容は、まあどうでもよくて、
こいつぁキッドマンとショーン・ペンの織り成す
国連をまたにかけた恋愛サスペンスってところでしょうか。
互いに過去のある男と女。
互いに惹かれつつも立場上相容れない男と女。
障害があればあるほど燃え上がるとはよく言ったもので。
作品としては微妙ですが、メガネっ子好きにはたまらない仕掛けが。
二コール・キッドマンの前では、さすがの真鍋嬢もハナクソです(言いすぎ)。
ショーンペンも相変わらず渋い
ストーリー 20/30  キャスト  16/20
映像    14/20  音楽    10/15
オチ     8/15  合計    68

うおー

No tags for this post.

交響詩篇エウレカセブンが面白すぎる件について

USENが提供する、、無料動画配信サービス「GyaO」。
取材で記事にしたこともあり、ちょいと時間つぶしに覗いてみたら、
「エウレカセブン」なる聞きなれない単語の
コンテンツが上位にいるではありませんか。
○○セブンといえば、、、
ウルトラセブンかマイルドセブンしか知らない
昭和世代のオレをさしおいて、
新たなるコンテンツが人気とは捨て置けぬ。
というわけで無料で見れる第1話を視聴。。
なんてことはない、ちょいエヴァ風味な
ありがちアニメだと思っていた。油断していた。
うおおおお。
ちっ。
アニメだと思ってナメてたよ、、、坊や、、、(意味不明)。
ホワイトベースのごとき月光号や、
熟女属性の拙者を満足させる女性キャラ等々。
ヒロインの顔が、ちょっとアレかな…とも
思ったがそんな瑣末なことはどうでもいい。
月光号所属の2人のエンジニアがジョブズとウォズで、
某アップルの創始者からのオマージュってのもツボだ。
無料で視聴可能な第2回も怒涛の勢いで消化したあと、
勢いそのままに、有料視聴のShowTimeへ。
計約400円を支払い、第3回と4回も見てしまった。
ああ、サプライヤーの思うつぼな行動をしてしまった
厨房な私を、神様お許しください・・・。
そして、今朝7時から放送の第5話も早起きで見ちまった、とさ。
全50回予定と力も入っておる。毎週日曜朝が楽しみですな。
で、本編とは関係ないが、気になったのはCMに出てた
スチームボーイのPS2用ゲーム。
いまさら誰が買うというんだ…ビーンボールは投げちゃだめですよ

うおー

No tags for this post.

交渉人・真下正義は是か否か

うーむ。

公開前から絶賛の嵐、
本家本元の「踊るシリーズ」よりも面白いとの評判だった本作。
半信半疑で劇場へ。
噂通りに、テンポ良く、話は軽快に進む。さくさく。
だが、説明不足すぎやしないか?
知らない構文が混じった英文を読まされているかの如く。
軽快さのためにわかりやすさを犠牲にした感が強い。
特に、踊るシリーズを初めて見る向きにはかなり敷居が高い
だろう、間違いなく。観客置いてけぼり系です。
笑いの要素も、客を笑わせよう的な必死さが随所にあるが、
見ていて痛い。
強面の地下鉄職員が実はマザコンだとか、
ラストの真下から雪乃さんへのプロポーズシーンでのオチも
なんか、こう、デジャブですよ。
どっかですでに使い古されすぎ。
客をなめてるのか、踊るブランドにあぐらをかいているのか。
前半必要以上に反目する警察と地下鉄職員が、
いつの間にやら一致団結えいえいおー状態なのも毎回のお約束。
踊るシリーズを盲目的に愛してやまないファンには
問答無用にオススメの作品なのだが、
一般向けかと言われると首を傾げざるを得ない。
まあ、華のなさすぎるユースケが主演な段階で
かなり内容にはクエスチョンだったけれど、
やはりダメでした。あくまで彼は
青島刑事の添え物が丁度いいし、分相応なのです。
やはり期待は
「容疑者 室井慎次」。
こっちは8月の公開が待てませんな。早く見たいぞよ

うおー

No tags for this post.

新宿ウオーキングレポート

一応地元ということで。
住み始めてから既に一年を数えたわけだが、
いまいち地域のことをよくわかってないなーと痛感したもので。
コリアンストリートに進出。
4様だとか4天王だとかで未だにすごいことになっているのだが。
謎の食べ物も多く、
a0011715_130276.jpg
とか、
長さ30センチソフトだとか。
変な建築物や、
a0011715_1313775.jpg
何教えてくれるんだろ・・・そもそも日本語の使い方がおかしいのでは・・・。
怪しい求人とかも。
未経験者可かよ

うおー

No tags for this post.

傷だらけのローサ

ローサ。
目ぇでかすぎだっつうの
このアングルがベストとおもう午前4時

うおー

No tags for this post.