Adobe「PhotoShopCC」に主力製品をリブランド 同時にサブスクリプション販売オンリーへ移行

Adobe「PhotoShopCC」に主力製品をリブランド 同時にサブスクリプション販売オンリーへ移行https://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

adobeのイベントMAX2013での発表によると、Adobeの主力製品 「adobe creative suit」が改名し、「Adobe Creative Cloud」シリーズに統一される。それにともなって各製品の後についていたリビジョンもリセットされ「PhotoShopCC」「IllustratorCC」などにリブランドされる。それに伴い機能を大幅にアップしたようだ。

同社がおこなっていたサブスクリプションサービスの名前を主製品のブランドに据えたことで売り切り型の販売を終了し、サブスクリプションのみに移行する。すでに50万人のサブスクリプションメンバーを確保できたことで、200万人のオールドバージョンユーザーはパージしてもかまわないんじゃね?という算段なのだろうな。

気になる月額利用料金は様々で、なにもしがらみがない新規ユーザーは月額49.99〜69.99ドルとなっている。ただし、既存CS3以降のユーザーとアカデミックユーザーに関しては月額29.99ドルとサービスしている。

スマートシャープ

レイヤー機能もサポートとしたCamera Raw8

ぶれた写真を一瞬でもとに戻す カメラリダクション

From Adobe Creative Cloud