google glassは13歳以下の子供とレーシック手術を受けた人はつかっちゃ駄目よ

まだ発売されてないにも関わらず、世界中で購入意欲が高まっている「Google glass」

そのgoogleの切り札的な端末に暗いニュースが二つほど飛び込んできた。まず一つは、Cydiaの経営者でハッカーであるJay Freeman(通称saurik)がglassのルートをとれたんですけど何かてきなtweetをかました。

ZDnetが彼に電話取材した内容によると、録画中にはモニターに録画しているサインが投影されるのだが、それを消滅させてステルスモードで撮影することが可能だということだ。

ハッキングできる内容はglassで撮影したビデオ、録音した音声データ、写真など考えられるデータとgoogleアカウントに関するものはすべてとられる可能性がある。また、カメラ機能がハッキングされると物理的な金庫のパスワードや、家の鍵の隠し場所などもばれてしまう可能性がある。これで政府機関に所属する人はしばらくglassの利用は控えたほうがいいだろう。また、企業IPに関与できる人間も利用することはさけた方がいい。

glassbroke

もうひとつの問題がMail Onlineが取材したサーチファームによると、13歳以下の子供が使用すると眼精疲労や頭痛などの理由から、視覚能力の成長の妨げになる可能性があるそうだ。さらにレーシック手術などのレーザーをつかった手術を行った人も、同様の理由から利用する場合は、担当の医者に利用の有無を相談したほうが懸命だろう。

便利なものには全て2面性をもっており、そのデメリットがあってもまだあまりある恩恵がある人間だけが使えるものなかもしれん。俺はつかうけどね

うおー