Google創業者のラリー・ペイジが声帯麻痺で話すことが難しいと発表

Google創業者のラリー・ペイジが声帯麻痺で話すことが難しいと発表https://www.tom-style.net/mt/wp-includes/images/media/default.pngtom-style

Googleの社長であるラリー・ペイジ(40歳)が、声帯を痛めて話すことがとてもむずかしく、時折息をすることも難しいと、自身のGoogle+で発表した。14歳のときから左声帯をいためており、今回右の声帯も機能障害を患ったことから話すことが難しい状況になったそうだ。でも本人は元気でカイトサーフィンをやっているという不思議な発表となった。今日開催のGOOGLE I/Oのカンファレンスに現れるかが注目されている。