Apple、CEOスティーブジョブズ、2度目の病気療養へ。ただしCEOは継続

AppleのCEOスティーブ・ジョブズは今朝、全社員に病気休暇をとる内容のeメールを送信した。
それは2009年に脾臓がんの治療のために休暇をとって以来、2回目の病気療養のメッセージだ。
病状は不明だが、スティーブジョブズ氏は家族と自分に対して最大限のプライバシーを尊重していただきたいというメッセージも付け加えた。
フランクフルトの株式市場はいち早く反応し、株価が7.5パーセント下落している。

emailの内容は以下

Team,
各位

At my request, the board of directors has granted me a medical leave of absence so I can focus on my health.
I will continue as CEO and be involved in major strategic decisions for the company.

取締役会は私の要望である病気治療のための休暇を許可した。私は私自身の健康に重点的に取り組むことになる。ただ、CEOの役職は続けていく、そして会社のための戦略的判断にも関与することになる。

I have asked Tim Cook to be responsible for all of Apple’s day to day operations.
I have great confidence that Tim and the rest of the executive management team
will do a terrific job executing the exciting plans we have in place for 2011.

私はCOOのTim Cookに全てのAppleの日常業務を依頼した。また、Tim Cookと他の上級幹部たちに絶大な信頼を寄せており、彼らが2011年にエキサイティングな計画を実行するであろうと考えている。

I love Apple so much and hope to be back as soon as I can.

私はアップルをとても愛している。そして出来るだけ早く戻りたいと願っている。

In the meantime, my family and I would deeply appreciate respect for our privacy.

差し当たり、私の家族と私のプライバシーに対する配慮をお願いします。

Steve
スティーブジョブズ

From プレスリリース

うおー