男なら嫁に負けるな趣味に生きろ! いざとなったら「ジャンプ土下座」があるじゃない 初心者でも気軽に撮れるデジタル一眼レフカメラ「キヤノン EOS 60D」

近、帰宅してテレビをつけると渡辺謙さんが怪しげな男たちの追跡を受けながらも、趣味のカメラ撮影だけはおこたらないというおもしろCMをよく目にする。アレを見るたびに、あんなデジタル一眼レフ欲しいなー。これ買ったらTom-Styleのクオリティーもあがるなーなどと軽い野望を抱いてました。

そんなある日のこと、AMNからの1通のeメールが届きます。メールの内容はデジタル一眼レフカメラのモニターイベントを開催しますので参加してくださいとのこと。これは神の啓示と思い、参加しますと早速リプライ。もちろん、カメラは前述のキヤノンが誇るデジタル一眼レフカメラ「EOS 60D」。プロのカメラマンから「初心者が本格的に始めたいならEOS 60Dなんてオススメだよー」といわれた新製品です。

モニター会場はブロガーの聖地、六本木にある豚組「しゃぶ庵」で、ご馳走とビールつきという豪華な感じで始まりました。僕はというと例のごとく完全遅刻でやってきました。

悩める夫の作戦会議

このイベントは、既婚男性が高額な製品を購入する際、嫁に対するうまい口説き文句とは何か?という一見下らなそうに見えて、お小遣い制度の夫たちにとっては極めて切実な問題を解決してくれちゃうかもしれないという企画です。

主催はAMN、協賛はキヤノンで、「悩める夫の作戦会議」のWEBサイト上で応募された数多くのアイデアの中から大賞を決めるのが今回のミッションです。

キヤノン EOS 60D


とりあえず、司会業がだいぶ板についてきたカイさんを筆頭にいちるさん、みたいもんにさらに豪華ゲスト鴻上 尚史さんを審査委員長に迎えて酔っ払いのオヤジたちは、どれを選考するか頭を悩ますのでした。結果はココ見てね。

鴻上 尚史さん

自分的には「ジャンプ土下座」が一番気に入ったのだが。そういえば最近、監督業もこなす鴻上さんが一眼レフデジカメを持ってないというのが意外だった。これは60Dを買うというフラグかしらね?

簡単にプロの撮影が出来るEOS 60D

約1800万画素CMOSセンサーと映像エンジンDIGIC4チップを搭載したのがこの「EOS 60D」。上位機種には「EOS 1」、「EOS 5D」、「EOS 7D」がある。撮影データは可動式のバリアングルビュー液晶で、いつでも確認できる。また運動会で手を伸ばした状態で子供の写真をとるなんてことも可能だ。
フルハイビジョン動画を撮影することもできるので、新たにビデオを買い足す必要性がない。レンズがついて実売13万円くらいなので、お子さんが生まれた家庭の人はここを参考にして嫁を口説き落として購入するのはどうだろうか?最後はジャンプ土下座すれば、何でものぞみは叶うぞ。たぶん。

うおー

No tags for this post.