書評「地雷震ディアブロ」

暫く漫画は鋼の錬金術師ぐらいしかフォローしてなかったのだが、いつのまにか地雷震が連載再開していた。なのでアマゾンでソクポチ。知らない人のためにザックリ、説明するか。地雷震の主人公は孤高の刑事「飯田響也」。刑事にもかかわらず、違法な捜査はしまくりの自分勝手な男だ。10年前はロシア絡みの犯罪を描いてた地雷震だが、今回は北朝鮮が絡ませているのは時代を感じる。
前作で小学生にも関わらず犯罪を犯した小池彩は、病気で失明した飯田を自前の財力で支えている。同じく前作にもでてきた中原医師も引き続き参加。
孤島で発生したウィルスで島民は全滅。その村に姪を残している刑事の小暮は、その事件の解決を飯田に依頼する。その見返りは自らの左目。かくして孤高の刑事は復活したのだ。ちなみに前回でコンビを組んでいた相沢江理子は出てこないのか。

うおー

No tags for this post.