人工細胞の生成に成功 バイオハザードが現実になるかも

米国J・クレイグ・ベンター研究所が、細菌のゲノムを人工生成したものを別の細菌に移植して自己増殖させる実験に成功したようです。これで新種の生命を製造する事が可能になりました。製薬、環境クリーンナップ、エネルギー生成などの分野で応用されるでしょう。我々、ガジェット世代的にはバイオハザードが現実のもとなりそうです。
From BBC、読売新聞

うおー

No tags for this post.