火星探検520日間のシュミレート実験がモスクワで6月3日から開始されるそうです

火星宇宙旅行にかかる日数は520日間と言われている。その長期間の孤独に耐えられるかの実験がおこなわれるそうだ。実験に参加するのはフランス人のRomain Charlesさん、コロンビア系イタリア人のDiego Urbinaさんと中国人1人とロシア人3人だ。彼らはMars500と呼ばれるシュミレーターに搭乗して実験を行う。
_SCO5914.jpg
From esa via popsci

うおー

No tags for this post.