2016年のリオデジャネイロオリンピックで人口の滝を作る計画があるそうだ

スイスのデザイン会社RAFAAがデザインした全長105メートルの人工滝。電力はソーラーパネルでまかない世界初のゼロカーボン・オリンピックを目指す。これが完成すればリオオリンピックの象徴となるだろう。

From worldarchitecturenews via treehugger

うおー

No tags for this post.