落とし物iPhone4Gを最初に発見した男が発見される

Wiredによると、次世代iPhoneを最初に発見した男を発見したようです。その男はカリフォルニア州レッドウッドシティー在住の21歳の青年で、名前はブライアン・J・ホーガン21歳。地元でボランティア活動にいそしむいい青年だそうです。彼が最初に発見した時は落とし主に返却する意思があったようですが、何故か自宅に持ち帰りFacebookのページまで開いています。その後、友達にAppleStoreに落とし物を拾ったことを電話で伝えてたりしているようですが、何故か最終的にはGizmodoが手にしていたそうです。カリフォルニア警察は彼に尋問しましたが、今の段階では逮捕はされていないと彼の弁護士は語った。サンメテオ群の地方検事局はまだ捜査中のようですね。
一方、Cnetの記事によると バークレー大学のSage Robert Wallower氏27歳もiPhone紛失事件に関与しているそうです。記事はこの件には少なくとも3人が関与していると伝えています。ホーガン、ロバート、そして最後にGizmodoに販売を仲介した第3者だそうです。謎は増々深まってきましたね。
【Update】やはりGizmodoから報奨金をもらったのは、ブライアン・J・ホーガン氏のようです。
From WiredCnet

うおー

No tags for this post.