Google、パスワードシステムがハッキング攻撃にあっていた

今年の1月に国籍不明のハッカーがGoogleのサーバーに攻撃を仕掛け、中国人権活動家2名のGmailデータが盗まれた。その結果、Googleは中国本土からサービスを撤退したのは記憶に新しい。しかし事態はそれだけで済まなかったようだ。ハッキングは去年の12月に既に開始されていたのだ。New York Timesによると、Goolgeの本丸というべき数百万のユーザー情報とパスワードが記憶されているパスワードシステムにハッカーが攻撃した可能性があるとのことだ。
GoogleはNew York Timesの特定の記事対するコメントを拒否しているが、今年のはじめから繰り返し伝えているようにユーザーのいかなる個人情報は盗まれていないと発表している。
From New York Times

うおー

No tags for this post.