通行人が暴力現場を無視して立ち去らなようにオランダ政府がAugmented Realityを利用したリアルタイム広告を上映

オランダ、アムステルダムの市民は救急隊員が業務中に暴力事件に巻き込まれる事件が起きても、無関心で通りすぎる人が多いそうです。それを社会的な共同責任としてやられている隊員を助けたり、喧嘩の仲裁をするような国民になってもらいたという考えからヴァーチャル実験がオランダのアムステルダムの一般道で行われました。

From popsci

うおー

No tags for this post.