NASAのワイドビジョンテレビ「hyperwall-2」

NASAのAmes Research Centerに設置された超巨大なディスプレイ「Hyperwall-2」。大規模災害の監視や、スピッツァー宇宙望遠鏡で撮影した銀河の様子を見るために造られた。全長7メートルで解像度2億5千万ピクセルを誇る世界一のLCDディスプレイは、128個のグラフィックプロセッサーと1024個のCPUを搭載している。また、74テラフロップス(I秒間に74兆回)の計算を実行できる。これはPS3 300台分の計算能力に当たるそうだ。これでバイオハザードをやりたいね。

From dailymail via TechBlog

うおー

No tags for this post.