ボーンアルティメイタム

ネタばれ。
ボーン3部作の最終章「ボーンアルティメイタム」をみてきますた。最愛の人を組織に殺されたボーン(マット・デイモン)は少ない手がかりを元に、復讐にむかいます。
ロシア、マドリード、イギリス、パリ、ニューヨークと世界中で銃撃戦をするボーンと殺し屋たち。
息継ぎすることさえ許さないアクションシーンの連続に久しぶりに興奮してしまいましたよ。
ひとつ気になったのは、ボーンアイデンティティから3部作通して>出演しているニッキー(ジュリアスタイルズ)が何故、ボーンを助けるかってとこ。また、ボーンに助けられた暗殺者が最後のシーンで彼を撃たないところも、釈然としなかった。
それ以外は、毎度おなじみの「エシュロン」を駆使した諜報戦や、ボーンと殺し屋のジャッキーばりの格闘など、見所満載で楽しめましたよ。来週の週末でもミテミレバー。

うおー

No tags for this post.