タッチ

人気野球恋愛コミックを実写映画化したもの。
僕のような70年代生まれはタッチを読みながら
野球していたようなものだから、思い入れは深い。

朝倉南に長澤まさみ、双子の兄の達也に斉藤翔太、克也に斉藤慶太が甲子園を目指す過程で
青春ドラマを展開する。


甲子園の西東京地区の予選決勝直前に、克也が自動車事故で亡くなるまでを前半で描く。
後半は、原作で2年近くかけて描いた物語を詰め込めるだけ詰め込みましたという感じ。
須見高の新田は短髪ではなく、長い髪形にしたほうがよかった。
達也の親友の原田の配役はベストマッチしていたが、その恋人役の若槻千夏が登場したときには
劇場の失笑を買っていた。

うおー

No tags for this post.