容疑者・室井慎次

8月26日、24時20分。
六本木ヒルズに再び舞い降りた。
ここで映画を見るのは、
エピソード3以来となる。
目的はそう、「容疑者・室井慎次」の一般公開を、
全国どこよりも早く見るため。さらに、舞台挨拶付き。

チケットをうっかり4枚も予約してしまったため、
あまることが予想されたが、
そこは人気の踊るシリーズ。
あっという間に希望者でチケットが埋まる(Thanks いっちー、かさやん、risa)。
舞台挨拶というのは一種のギャンブルである。
出演者のうち、誰が登場するかは本番まで分からない。
メインキャスト全員集合なこともあれば、
脇役2名登場で、「えぇっ」ってなこともある。
舞台に姿を現したのは
君塚監督、亀山プロデューサーの2名。
「えぇっ」
場内に失望の空気が広がる。お前らかよー
「では、ここで室井管理官に…」
キタキタキタキタキタキター
柳葉敏郎登場。
「ついにこの日がやってきました」
カコイイ!
さすが我が秋田の英雄だけのことはあります。
場内の興奮も最高潮に。
10分程度のトークの後、
いよいよ本編上映へ。
高まる期待感。
CAUTION!以下ネタバレあり
いきなり捕まってる室井慎次。
いきなり全力疾走してる、弁護士役の田中麗奈。
こちらも全力疾走の哀川翔アニキ。
説明なしで突如急展開で開幕する「容疑者・室井慎次」。
じょじょにストーリーが語られるわけだが。
まず総評

うおー

No tags for this post.