バイオニック・アーティフィシャル・アーム

電気工事士である、ジェシー・サリバン(54歳)は架線工事中に感電して
両腕をなくした。
シカゴのリハビリテーション研究所はバイオニックアームを彼に取り付け
自らの意思で腕を動かすことに成功した。
バイオニックアームは彼の胸の健康な筋肉神経にダイレクトに
接続。彼の脳から命令された電気信号がバイオニックアーム
に瞬時に伝わり自由意志で両手を動かすことができるようになった。
現在は開発費600万$ほどかかるが、将来は安くなるんじゃないですか。
わからんけど。
Local6

うおー

No tags for this post.