『ネタバレ』エピソード 3

読みたくないやつは
飛ばすべし
先々行ロードショーの初回のため、
劇場はコイー連中で支配されていた。
ヨーダが活躍すれば拍手、R2が活躍すればまた
拍手とうるさい事この上ない
普段ならノリノリの俺様も、
会場全体にオタッキーな一体感を感じたため、
アマノジャク機関が発動。会場のそこかしこに見掛けられたレーザーサーベルには心惹かれるものがあったが、この映画館では拍手はしないことに決めた。
オビ=ワンとアナキンは
ドロイド同盟軍に捕獲された議長を救出するために
派遣される
元老院の議長はシスでもあるわけだが、
アナキンをダークサイドに引き込むべく裏工作をしかける。


とりあえずNO2のシスを倒したアナキンは元老院の評議委員になるが
ジェダイマスターたちはアナキンのマスター昇進に同意しない。
パルパディーンに近しいアナキンの存在を危険視したのだ。
最初の議長救出の宇宙戦闘シーンは20年前のスターウォーズから
格段に進歩した出来だった。1がお子ちゃま、2がハイスクールだとすると
3は大人向けの悲劇のスペースオペラといったところか。
ルークとレイナの誕生の秘密。R2と3POとベイダーとの関係。
オビワンとベイダー、パルパディーンとマスターヨーダとの
それぞれの思惑が複雑にからみあい愛憎劇を繰り広げる。
その過程で、すべての謎がとけて話は収束する。
ダースベイダーはこうして生まれたのかを確認できて満足だった。
おもえばポスターはラストシーンだったのね。

うおー

No tags for this post.