リハビリ用ロボットアーム「ルパート2」

バージニア州のアーリントンの研究所で2005年4月25日に発表されたロボットのアームは、身体障害者が握力を取り戻すような、リハビリ補助を目的として開発されました。
ロボットアームは、生物医学技術者ジピングと開発チームによって組立てられた。また、彼はこのアームを使用することがで、物理療法の有効性を証明する。 この夏のシカゴで開催される第9回インターナショナル・リハビリテーション・コンファレンスでロボットアームに関する論文を発表する予定だ。
最近の研究は、身体障害者が、反復運動機能をすることによって彼らの腕の重要な機能を回復することができるかを示します。
「運動機能の最大の回復のための、費用対効果に優れた療法を多くの人に提供するのことを私は望んでいる」。とジピングは語る。
ルパート2は、4つのエアーマッスルによって構成されており、肩、肘、および手首で可動できます。 デザインは運動学モデルに基づきました。 メカニカル・アームはアームの長さとボディーサイズを調整できます。
rupert.gif

うおー

No tags for this post.