ほぼ週刊リーマン投機家が逝く

はじめましてこんにちは
トムスタイル株式会社CEO候補のanyalistと申します
よろしくメカドック
エヘッ
ウフッ
っつうことで、
早速質問です。
皆さんお金持ちになりたいですか?
恐らく、この質問に対して十中八九「なりたい」と答えるかと思います。
というかむしろ、そう答えてくれないと話が進みませんので、
「なりたいぞ!」と心の底から叫んで下さい。
では、どのようにしてお金持ちになるか
その一つの手段として、今回このトムスタイルで取り上げるのは、
いま流行の「株式投資」ではなく「株式投機」です。


所謂、ギャンブルです。
日本にはギャンブルがたくさんあります。
宝くじ、競馬、競輪、競艇、パチンコ・・・などなど、
どれも割の悪いギャンブルで、投入金額の半分以上が国や胴元に持っていかれます。
単純に儲けたいだけのギャンブルでしたら、上記の類のギャンブルは勧めません。
馬が好きとか、競輪選手の太ももフェチとか、競艇の水しぶきが心地いいとか、
パチンコのドル箱に玉をあふれんばかりに満杯に入れるのが好きというのなら別です。
しかしながら、ただリターンのみを追求するのなら、「株式投機」が断然有利です。
株価は短期的に見れば、騰がるか下がるかの確率1:1で、
まさに丁半博打と同じなわけです。(手数料などは除く)
例えば、最近デイトレーダー(以下デイトレ)という言葉(方達)をよく耳にすると思います。
所謂、日計り投資家のことです。
デイトレにも多様な方法がありますが、
その一つを例に挙げて紹介しましょう。
例)朝10時、1株100円のトムスタイル社の株を101円に騰がると予想し、10000株購入します。
→10時1分、予想が当たり101円になり即行で売ります。
→100円×10000株購入→101×100000売却→1万円の儲け
100万も賭けて、たったの1万円かよ!!と思うなかれ
デイトレと呼ばれる人たちは、このような取引を1日何十回も重ねていき儲けを得てるのです
今回は1円抜きでしたが、10円、20円は簡単に抜けます。もちろん逆もありますが・・・
このやり方は、損切りのルールを徹底すれば、リスクはかなり低いと思います。
しかしながら、私を含め、世のサラリーマンはそんなことをやっている暇などありません。
では、どうしたらよいか・・・
その続きは、また次回ということで。。。

うおー

No tags for this post.