蜘蛛男の憂鬱、『スパイダーマン2』

東京・銀座。
日劇2にて、アメコミ映画の金字塔、
スパイダーマン2を攻略しに行く。
有楽町マリオンのとこですな。
7月10日の全国公開に先立つ先行オールナイト。
前作から2、3年くらい経っていたため、
ストーリーの細部を忘れていることが発覚。
進行上重要な
「アンクル・ジムの死」
「親友に父殺しを疑われる」
「MJは舞台女優」
等々、設定についていくのにしばし呆然。
いきなり悩みまくる主人公に一瞬ついていけなかったことよ。
とはいえ、一度始まってしまえばさすがに
アメコミ人気作だけあり、勢いはとまらない。
主演のトビー・マグワイアを喰ってしまうくらいの存在感だったのは
(というよりあまりにもイケメンなだけだが)
ジェームズ・フランコ。女性ファンをがっつりつかみそうだ。
個人的には、彼がイラついて酒浸りになる際に、
メーカーズマークがさりげなく使われているあたりポイントが高かった。
今作は、蜘蛛男の内面と苦悩が大胆にクローズアップされた内容だが、
「正体を愛する人に明かせない」
的テーマは、結構使い古されたベタなネタだ。
打ち明けられないばかりに、彼女は別の男と婚約してしまう。
――続きはこちらから。

スパイダーマン 2 デラックス・コレクターズ・エディション
トビー・マグワイア

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2004-12-03
売り上げランキング 6

Amazonで詳しく見るby G-Tools

うおー

No tags for this post.