ラブホテル割り勘論

今日はまったりとした日だ。
それだからか解らんが、F君がまた喫煙所で怪しげなことを言い出した。
はじめてのデートの飲み代は、男がもたなければならんのだよ、という怪しげなルールに
TOMが準拠していないのはおかしいといった些細なことから議論が白熱。

「最初のデートで飲み代を、割り勘ってありえないですよ。無論コレはISO14001にも
準拠してますよ。根本的にどーでもいい話なんですけど」
「そんなことはない。いくら高くても割り勘でいいんだ。
女は甘やかすと、すぐにつけあがるからな!前の嫁さんをみろ!
(問題発言)あれが行く末だ。」
「それなら、見栄はって、全額2万円の高い店に連れて行かなければいいんです。」
「だって女の子はそいうところじゃなきゃ。満足しないだろ。白木屋連れてったら殺すぞって目になるぜ」


「それにホテル代は僕がもってるからいいじゃないの」
「駄目ですよ。TOMさん、1回目は驕るのはあたり前だけど。2回目は当然
割り勘です。」
「そうか?」
「しかし…。先ほどの発言を考えると、言ってることが矛盾してるんじゃないの。おまえさん」
紛糾した二人は一般論を手に入れようと、たまたま通りがかった知り合いの女の子に、
セクハラまがい(じゃなくてどーみてもセクハラ)質問をぶちかます。
「君はラブホ代は割り勘派?、それとも驕られるほう?」
「いろいろですよ。一概にはいえません。」
「だから、結論から言っちゃえば。ホテル代は最初は驕る。以後は割り勘でよし。
飲み代は、年下の子にはむろんのこと驕り。これが一般的なんです。TOMさんみたいに
容易に高い店につれっては駄目です。白木屋か月の蔵でいいんです。」
また2対1の厳しい状況になった。みんなはどうしてるの?

うおー

No tags for this post.