忘れちゃった。ワリーワリーですまそう

手術中に、使用したはさみを忘れたまま縫合してしまうという
珍事件がオーストラリアのシドニーで発生した。

手術後、慢性的に痛みに悩まされたシドニーさん(69歳)が18ヶ月後に
レントゲンを撮ってみると、はさみを体内に置き忘れていることが発覚した。
ブラックジャックでおきそうな事件は、現実におきるのですね。
さすが手塚治虫大先生。この事件を既に予知されていたか。

YAHOO

うおー

No tags for this post.