尼酸っぱい「オレンジデイズ」

サラリーマンは、気楽な稼業と
かつてあのヒトは歌った。

けれど実際、自分がその側の人間になってみると
ぜんぜん気楽じゃない。重い。

そんなこんなでひどく
学生時代を懐かしんでしまうこともある。
学生は気楽な稼業だったのだ。

稼いでねえだろ、ってなツッコミはナシの方向で。
そして、そんな甘く、切なく、切ない学生時代へ
自己を強引に回帰させうるドラマがはじまった。

「オレンジで伊豆」
じゃない
「オレンジデイズ」。

私のIMEはバカなので仕方がない。



なんだか青春モノの定番役者として
すっかり浸透してきた妻夫木聡と、
実年齢がいまいちつかみきれない
柴崎コウが主演の大学モノ。

学生でいられる最後の一年、
大学4年の人生模様を、
内定の出ない妻夫木と、
耳の聞こえない柴崎、
そしてその他大勢の悩める人々が
織り成す一大叙情詩なわけです。

オレンジデイズ(1)
植田博樹

メディアファクトリー
2004-09-03
売り上げランキング 3,015

Amazonで詳しく見るby G-Tools

うおー

No tags for this post.