富士通研究所、コピー用紙同等の表示品質を実現した電子ペーパの試作に成功

私は15年以上もIT系の仕事で飯を食っているが、毎日モニターが見つめているの
にもかかわらず、全く視覚機能に障害が起きない。むしろよくなっていると言っていいだろう。
だから液晶モニターでコラムをよんだりするのは、平気でよくやる。
僕の周りはしきりに目が悪い人が多く、ワード書類を確認したりするときは
ワザワザ印刷して、そこに赤をいれたりするから煩わしいことこの上ない。
しかしペーパーレス化のオフィスを目指すといいつつも
コピー用紙を大量消費している現状ではこういった技術が役にたつのかもしれません。

富士通研究所はコピー用紙と同等の表示品質を実現する電子ペーパーのコンセプトモデルを試作した。新たに開発された表示材料は、白さ・コントラストで紙媒体とほぼ同じレベルとなっているという。2006年頃の実用化を目指す。


PCWEB

うおー

No tags for this post.