ロシア娘。

1日のコンサートの模様が各方面で
さんざっぱら叩かれているが、
2日目の公演に行ってきた。>t.A.T.u 
ロシア語だとTATYなんですよ。
tatoo.jpg
どっちがジュリアでどっちがレナなのか
個体識別すら覚束ないまま東京ドームへ。
会社を出る直前にアポが入ってナチュラルハイのため
道すがらスキップ。(←連れの視線が痛い)
チケットには「24ゲート」と書いてあるのだが
閉鎖されており、正面の22ゲートからの入場。
無駄にドームをほぼ一周。
座席も、40通路のはずが、人が多く入っているように
見えるようにという演出の都合で、チケットを振り替えて席替え。
アナウンスが十分でないから、入場してから
振り替えがわからずうろうろ。
仕切りがいまいち。


開演後18時半から19時半ごろまで延々と
謎の映像が場内スクリーンで放映される。
エロイのだか、なんだかわからない。
鉛筆削りの映像を見せられてもなあ。
半分うとうとしてしまったのだが、空調が寒くて本眠りに至らず。
本来のドームの収容人数であれば、あの空調でも
ちょうどよかったのにね。
客席にいるのは、ざっと見一万人くらい。
ドームの公演に来るのはブリトニー以来なのだが
あのときは(以下自粛)。
19時半ごろ、本人たち登場。
短い髪のほうは整った顔してるね。
ロン毛は愛嬌があって、いいね。イロモノ担当か。
しょっぱなからメジャー曲で、
ペンライト振ったりして、盛り上がっている人もいる。
コスプレで来ている人もちらほらいて、
なんだかなあ。しかも男だし。
途中、コスプレ野郎がt.A.T.u の2人に花道に
引き上げられて一緒に踊っていたが。仕込み?
よく流れている2曲くらいしか知らないのだけど、
感想としては「聞いてみると良い曲が多いじゃん」。
うちの上司さまが高く評価していた理由がちょっとわかった。
コンサートの構成としては、悪くはないかも。
客のいじりも出来ていた。
写真を撮りたければそこの2人キスしろ、って感じで
♀同士・♂同士にキスを強要させるのが傍観者的に面白い。
やたらに「トウキョウサイコー」って叫ぶのも、
馬鹿の一つおぼえみたいで、サイコー。
難点は、「MCでロシア語使われてもわかりません」。
小学生とか親子で来ているんだから。
あと、スクリーンがあるんだから、同時通訳で
字幕を流して欲しかった。
それよりなにより。
最初の1時間近くの映像は、不要だ。

うおー

No tags for this post.