猫の尻尾も借りてきてと日立のタッチレス入力装置

タッチレス入力装置とジェスチャ・コマンド
この記事をピックアップしたのは、ジェスチャーコマンドはどうでも良くて。
ソノラマ文庫『猫の尻尾も借りてきて』の作品中に出てきた音声コンピュータ”ニタカ”を例にだして、音声入力コマンドの説明をしていたからだ。僕の好きな小説のひとつ。このSF小説は面白いので読むことをお奨めする。
book-283.jpg

降り続く雨が中庭の蘇鉄の葉をたたいている。村崎史郎は、それを窓越しにぼんやりと眺めていた。一九九五年七月十九日の夕方のことだ。
「どうして女性に年齢をきいてはいけないんだろう」
そうつぶやいたとき、「ニタカ」が、ピッと短く音をたてた。ニタカというのは、人工知能型のコンピューターのことで、研究所内にあるデータ・バンクとつながっている。
史郎は軽く舌打ちした。
「音声入力ができるのはいいけれど、独り言にまで反応するのが欠点だな」

MYCOM

猫の尻尾も借りてきて
久米 康之

朝日ソノラマ
1983-01
売り上げランキング 

おすすめ平均 
隠れに隠れた傑作
タイムパラドックスものの傑作

Amazonで詳しく見るby G-Tools

うおー

No tags for this post.