もうだめぽ THE MATRIX REVOLUTIONS

金返せ。
こりゃ目も当てられぬ。
ひどいよー。
オチがどうこう言う前に、中身が。
なんじゃこりゃ。
事前情報では、
「最悪」
「意味不明」
「二度と見ない」
など、後ろ向きの意見しか出てきていなかったのだが。
ま さ か


ここまでひどいとは。
これならまだ夢オチの方が救いがあった。
『「おはよう、アンダーソン君」
上司のスミスの声で、ネオは目覚めた。
どうやらうたたねしてしまったらしい。
今日も一日、トリニティのためにがんばらねば。
社長のオラクルも応援してくれている』
ってなカンジで。
やはり、本来一つのお話であった、
リローデッドと、レボリューションズを、
間隔は短いとはいえ二つに分割して公開したのが
まずかったのでは。
レボリューションズは、
リローデッドの時間帯で観客を盛り上げといて、
最後のスミスとの一騎打ちまでもっていく、
くらいの流れでないと正直きつい。
連作だから、観客としては、前2作は既知であるのが前提なはず。
一見さんが行ったら返り討ちは確実です。
ラスト。
誰もが口にしているが
・なんでスミス爆発するんじゃあ
・なんでオラクル生きてるんじゃあ
・あの女の子が朝焼けを演出?
・というか、そもそもコンピューター世界からの解放を
 目指してたんじゃ…?
ちなみに、オラクル役の俳優さんは、前2作と異なる俳優を起用。
理由は、作中のようなこじ付け的なものではございません。
単に前の俳優さんが亡くなっちまったんですよね。合掌。
とまあ哀しい見方されまくりの本作だが、
なんでこうなっちまったのか。
一般論同様、シリーズモノは前作を超えられない、
というジンクスがあるが、他聞に漏れず、、、。
土曜日の18時半から、という時間的にもかかわらず、
客の入りは8割弱といったところ。
公開2週間くらいでも、
並んでやっと見れるかどうかだったリローデッドと比べても
大コケが予想されるが、興収はどこまで行くのか。
ちっとも前作からの謎は解決しないし(むしろ不可解指数はうなぎのぼり)
戦闘シーンは冗長だし(前作の踊りのシーンを彷彿とさせる)。
期待が大きいとその反動も大きいということなんだろうけど。
ほとんどの客が
「よくわからん」
と結論付けてしまう作品は、
各人各様の解釈で楽しめばいいのかもしれんが、
だとしてもレボリューションズには
裏切られた感が強い。

マトリックス レボリューションズ 特別版〈2枚組〉
ラリー・ウォシャウスキー

ワーナー・ホーム・ビデオ
2004-04-02
売り上げランキング 212

Amazonで詳しく見るby G-Tools

うおー

No tags for this post.