ロボットの“運動神経”がコンシューマ機器にも――RTOS「VxWORKS」<ZDNET>

ラピュタのロボット兵みたいなものがキターーー。

産業用機器などの組み込みシステムでは、瞬時に処理プログラムを呼び出したりといった高速な制御が欠かせない。このようなリアルタイム制御が必要なシステムや組み込みプロセッサのためのOSとして「リアルタイムOS」が使われており、最近では情報通信機器やデジタル家電にも採用が増えている。国内ではTRONベースのμiTRONが広く使われているが、LinuxやWindowsCEも勢力を伸ばしている。

うおー

No tags for this post.