今ごろDVD「ガンダムSEED」を見る

ファーストガンダム世代の僕にとって、安彦キャラと富野監督以外は、ガンダムにあらずなのだが、暇になったので借りてみる。キャラクターの描きワケができてない(眼がデカイ)のと脚本が杜撰なのと、主題歌が気にくわない以外は斬新な試みが随所で確認される。新造戦艦アークエンジェルをCGで作成し、2次元と違和感なくトゥーンシェイダーで合成している。この技法は「青の6号」で初めて本格的に採用されたが、当時の合成技術はダメダメで、一目でCGじゃんとわかる合成画像だった。最近は背景とのCGとのパースを考慮して合成されており、ほぼ違和感がないリアルな映像に仕上がっている。

「左舷後方に熱源多数!!」「弾幕薄い、左舷機銃座。なにやってんの?!」なんてのが私の中のガンダム世界観なのだが…。

うおー

No tags for this post.