つれづれぷー(わりと長いぜ)

  タイトルは無視で。今日は記者らしく、『マトリックス リローデット』記者会見に行ってきました。映画担当にくっついての半分趣味の世界。六本木ヒルズの49階は、カメラでごちゃごちゃ。一部報道にあったように、入りきらなくてモニター中継されてたようです。

  会見は、(役名で)ネロとモーフィアスとエージェントスミスとナイオビとプロデューサー。兄弟監督が居なかったのは残念なりけど。通訳は戸田奈津子。ブラザーズ映画の会見ってーと、彼女が多い。以前「ラスト・サムライ」の会見に行ったときも戸田奈津子の訳に失笑。

  それはともかく、今日は撮影込みで1時間の予定。顔ぶれは豪華なのだけど、大変駆け足の会見だ。一言づつコメントを言ってその後Q&A 。印象に残る発言をピックアップすると、モーフィアスが着席するなり、記者席にいた電撃ネットワークの某氏(金髪でかっぱみたいな人)を指して「So cool!」と発言。受けた。

  また、彼の実際の妻が『リローデット』にちょい役出演しているそうで、それを質問で聞かれると、嬉しそうに語り、(リンクがザイオンの自分の家に帰ったとき部屋に遊びに来ていたリンクの義姉)「妻のことも宜しく!」と2回くらい宣伝していた。

  あと、日本刀を使用した乱闘シーンでは「日本刀を使うと、日本の天皇になった気分」だって。英語がちゃんと聞こえなかったけど、戸田嬢の誤訳か?

  ネロは「撮影では怪我はしなかったけど、リハーサルでねんざした」とのこと。スミスは実際は金髪で、これはちょっとびびった。で、「『レボルーションズ』が11月5日公開だけど、これはイギリスでなんちゃらレボルーションとかいう記念日だから、その日に公開されるのは大変いいことだ」とコメント。あと、彼は『ロード・オブ・ザ・リング』にも出ているようで、出演作品に関しては「脚本と監督で出演作を決める。売れそうだから、ではない」と発言。

  ナイオビは「(売れている)ゲームはモーションピクチャーズ方式で作ったから映画とは違う作り方だけど、やっぱり演じるのは大変ね」みたいなことを発言。キャスト全員が、「今回の映画は3部作の一つだから、一つの映画としてよりも、連続モノとして楽しんでくれ」ということを言っていたのが印象的。っつーか、言っちゃいましたか!あなたがたが。

うおー

No tags for this post.